桜咲く鶴居村へ

ホテルをチェックアウトして、スーツケースを引っ張りながら釧路の街を歩きます。繁華街末広の桜が満開なので撮影。

釧路駅に戻り、8時55分の阿寒バス鶴居線で鶴居中学校、宿泊のホテルTAITOさんです。自転車を借りて幌呂の一本桜まで。約10キロですが、長い坂道が数ヶ所あり、畑に咲く桜を見ながら走ります。1時間半位で幌呂の一本桜に着きます。満開は過ぎていましたが、畑に聳えるエゾヤマザクラはなかなか絵になります。光線の関係で昼過ぎではやや花が見にくいので、早朝のほうが良いのかもしれません。ホテルに戻りますが帰りは1時間15分位で着きました。

ホテルで昼食後、近所をポタリング。プロムナードや伊藤サンク等に桜が満開でした。

夜はホテルの美味しい夕食を味わい、併設のバーで鶴居村ワイン、チーズの盛り合わせを頂きワイン1本開けました(笑 鶴居のワインは悪酔いしない。ほろ酔いで美味しく頂きました。

和寒町(わっさむまち)の町長さんご一行も見えられて、町の活性化を模索中、鶴居村の観光要素に感激されておられました。和寒町は宗谷線の塩狩駅の先にあり、有数のホップの生産の町である事そうです。塩狩駅も和寒町との事ですが、オーナーとそんな話しをしていたら、和寒町の町長さんから名刺を直接頂きました。

町長さんはとても腰の低い方でした。北海道のどの町も地域活性化が重要な案件であるようです。いつか宗谷線の沿線の町を訪れてみたいと思います🍀

今日も鶴居村の夜を味わいました。

ひとり旅

Posted by でぇあぶつさん