志賀高原 横手山スキー初滑り <志賀高原 横手山ひとりスキー2022,12,18-12,21>

私(管理人)は、メタボ対策(成人病治療)として冬はスキーを行っています。
また、私は「てんかん」の持病があります。処方薬で寛解しているとは言え、春から初夏にかけて「てんかん発作」の前兆、体調不良が起こりやすく、経験的に運動によって抑えられる可能性があるので、冬の運動としてスキーを選んでいます。(ただし、寝不足や過労だと発作が起こりやすくなります)
これは私の状況であり、てんかんの患者さんは個人個人症状が異なりますので、主治医にご相談の上、自己判断でお願いいたします。
その他、私は生涯未婚のため、生きがいとしてもスキーを選んでいます。


さて、今シーズンスキー初滑りです。

志賀高原 横手山は第1、第2、海和ゲレンデ、第5ゲレンデがオープンしています。雪質はなかなか良くてパウダーに近いかな。学生の団体さんが多いですが、ゲレンデが広いので問題ないです。

長い第1ゲレンデの緩斜面で足慣らし、快適な第2ゲレンデの中斜面で滑り方を思い出します。

第2ゲレンデの中斜面

海和ゲレンデ

海和ゲレンデを滑ります。海和ゲレンデはポールが設置されて、選手らしき方々が練習されていますが、ポールバーン以外は一般も滑れます。
距離は短めですがやや急な斜面。きれいに圧雪されているので、ポールバーンを避けて小回りターンでクリア。

寒くて早めに昼食。「レストハウスあかり」さんで"もつ煮定食"を頂きます。

「レストハウスあかり」さんの"もつ煮定食"

暫し休憩後、第1ゲレンデ、再び第2ゲレンデを何度か滑り、第5ゲレンデを滑って宿へ戻ります。第5ゲレンデは、今は珍しいシングルリフトの架かる緩やかなゲレンデで、多分学生の団体さんがいらっしゃるので今日はオープンしているのだろうと思います。

宿のにごり湯天然かけ流し温泉で温まり、寛ぎます。

部屋の窓から横手山スキー場

夕食は、今日は"牛すき鍋"。地酒「縁喜」が進みます。

今日の夕食です。

牛すき鍋

地酒「縁喜」

さて、明日も滑りを楽しもうと思います。